読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

印象力アップ会話術論

オペラ歌手×シンガーが講師を務める発声を使った印象力アップ講座。セミナーの様子や日々のお話などを書いていきます。

皆さん名前なんですか?

こんにちは。ASYK代表の阿部祐介です。

 

 

 

 

 

今日は名前に関するおもろい(為になるとは言ってない)話をしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

とは言っても、当たり前っちゃあ当たり前の話なんだけどね。

 

 

 

 

 

英語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語etc…同じアルファベットを使う(多少の例外はあり)言語が何故こんなにいっぱいあると思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

そう!!(ドヤ顔)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じ言語祖先としているからです。

 

 

 

 

『印欧祖語』というらしいんですが、実はインドで使われてるヒンディー語もこれの子孫らしい。

 

まぁ、言語の祖先が一緒、さらにキリスト教の影響下にあったヨーロッパ文化圏(アメリカ、オーストラリアも含む)ではおんなじ名前いっぱいあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だがしかし!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさま恐らく同じ名前として認識してない同じ名前』が多数存在します!!

 

 

 

 

 

 

理由はかんたん!!

 

 

 

 

 

 

アルファベットの読み方が言語別で違うからです。

 

 

 

 

『なーんだ』

 

 

 

 

 

 

と思ったそこのあなた!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意外と面白いから最後まで読んでね。(威圧)

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、イタリア語では『Ci』の発音は日本語の『チ』に近いですが、フランス語だと『シ』に近いです。

 

また自国の読み方(一部の国では『J』などを使用しない国もある)に準じてスペルが変わることも多々あります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:asykvoice:20170123232144j:plain

このお方知ってますね。(恒例)

 

 

 

 

 

 

 

そう!!マイコーことMichael Jackson』様です!!

 

 

 

 

 

英語だと『マイケル』と発音しますが、『Michael』の部分ローマ字読みにしてみてください。 

 

『ミカエル』と読めますよね。

 

そうです。彼の名前の語源はキリスト教の大天使ミカエルが語源です。『ミカエル』読みだとラテン語かな。

 

 

 

じゃあ、他の言語だとどうなるでしょう。

 

ドイツ語:『ミハイル』

フランス語:『ミッシェル』

イタリア語:『ミケーレ』

 

 

ミケーレと言う読みは馴染みないかもしれませんが、ミッシェルの方は聴いたことあるんじゃないですかねぇ。

 

 

 

 

 

 

 

もういっちょ行ってみましょう。

 

 

 

 

 

 

『George』

 

はい。ジョージ』ですね。

 

 

 

 

これもキリスト教が語源で、聖人の名前から取られてます。

 

ドイツ語:『ゲオルグ

フランス語:『ジョルジュ』

イタリア語:『ジョルジョ』

スペイン語『ホルヘ』スペイン語ではスペルがGはJに変わってます。スペイン語でJは、は行読みJose=ホセになります。)

 

 

 

 

なかなかトリッキーですよね。

 

 

 

 

     

 

ここまで読んで『声とか印象と関係全くないじゃん。』

と思われたあなた!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えぇ…正解です。

 

 

 

 

 

 

無関係です。(白目)

 

 

 

 

 

本講座の方でもくだらないトリビア満載で講義してますんで、その延長です。

(来てくれた時に同じ話したら言ってね。)

 

 

 

昨日こーちゃんも書いてましたが、おかげさまで2月の講座は満員御礼となっております。

 

 

 

 

皆様が気になって仕方ない四月の開催の講座の概要!!

 

 

 

 

 

近日中にアップしますので楽しみにしててくださいね(はーと)