読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

印象力アップ会話術論

オペラ歌手×シンガーが講師を務める発声を使った印象力アップ講座。セミナーの様子や日々のお話などを書いていきます。

『プラトニックな不倫』

日曜日はコンクール!!

 

と言っても私個人のじゃないですけどね。

 

どうもこんばんわ。ASYK代表のユースケです!!

 

次の日曜日教えている学校の合唱部が、外部の合唱コンクールに出場するんです。

 

演奏曲目は自由に決められるので、子供達が歌いたい曲にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

題材がねぇ…『プラトニックな不倫』

 

 

 

 

 

 

なんじゃそりゃ!!

 

 

 

 

 

もうかれこれ十年ほど前に作られた曲で、NHKの全国合唱コンクールの高校生の為の課題曲なんです。

 

 

ブッ込んできたなぁ…

 

 

と当時思いました。

 

 

 

だって!!

 

 

 

高校生の為の曲が、

 

 

 

『プラトニックな不倫』

 

 

 

 

って、あなた…

 

 

 

 

作詞をされたのは瀬戸内寂聴さん、作曲は千原英喜さんの『ある真夜中に』という曲です。

 

いやぁ…いい曲なんです。端的に申し上げる(私の個人的な解釈です。)と、結ばれてはいけない男女が、『この同じ世界、同じ時間に生を受けた、それだけでなんという幸せなんだろう。』という慈愛に満ち満ちた曲なんです。

 

だがしかし!!辛い!辛すぎる!!

 

その『痛み』『慈愛』に変わるまでの過程を描いた曲なんです。

 

 

 

仏教の伝道者でいらっしゃる寂聴さんの書いた詩なのに、ごめんなさい。

 

キリスト教的な言い方しますと、エロスからアガペーに至る、その法悦の境地!!

 

仏教的だと、人がその苦しみから脱し、慈悲の境地に至る!!

 

その表現がなんともエロティックなんです…

 

千原さんの音楽表現が打ち寄せる波のように、引いては寄せて押し迫り、苦悩を法悦の果てに洗い流す!!

 

 

 

全編がまるで愛撫のように聞こえるのです。

 

 

 

はぁ…はぁ…

 

 

 

失敬。興奮してしまいました。

 

 

 

当たり前だが、高校生にはチンプンカンプン。

 

 

 

お前らはなぜこの曲を選んだのだ(怒)

 

 

 

 

ここで本題です(真剣)

 

 

 

『日本人は感情表現が下手』

 

はい。よく言われますね。

 

 

 

じゃあ、なんでなんでしょう。

 

 

 

舞台芸術(台本あり)の場合、まず始めに『同調』があります。

 

これは詩の内容、台詞の内容、その言葉の裏にある人物の背景。これを第三者視点で読み取り、成り切ることです。

 

これによって生まれた衝動を整理し、舞台に乗せる上で分かり易いようにディフォルメしていく。

 

 

これが『表現』です。

 

 

 

私は常々、日本人は『同調』が下手なのであって、『表現』が下手なのではない。と考えています。

 

 

 

これ、自分自身の表現でも同じです。

 

 

 

どこか主観的に成りすぎていて、自身の感情にちゃんと向き合う事が出来ず『同調』が出来てないんです。

 

 

だから、何を強調したらいいのか、何を抑えて伝えたらうまく伝わるのか…

 

 

 

そう言った取捨選択が取れないんです。

 

 

 

会話の際に大事なのは自身が思ってることを、第三者視点で眺めることです。

 

 

 

それが出来て初めて自身の本当の『思い』に気づく事ができるのです。

 

 

 

 

子供達も今日のレッスンにてこの事が分かったようで、見違えるように音楽が生き生きとしてきました。

 

まだ言葉と音楽が持つエロティシズムは感じられません(感じられたらそれはそれで問題)が…

 

 

 

 

今日のお話、決して難しい話ではありません。

 ちょっとだけやってみてくださいね。

 

 

 

 

 

自分の気持ちを第三者目線で見直す!!

 

 

 

 

 

上手な会話の第一歩です。

 

題名と全く関係ないのはご愛嬌。