読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

印象力アップ会話術論

オペラ歌手×シンガーが講師を務める発声を使った印象力アップ講座。セミナーの様子や日々のお話などを書いていきます。

会話をする術

ここにきて

 

 

 

それっぽいタイトルでスタートしたこのブログですが、、

 

 

 

そんな堅苦しい内容は書きません。

 

 

 

そう。

 

 

このブログのタイトルを思い出したのです。

 

 

 

 

これを読んでくれてる人も、正直このブログが何を伝えていきたいのかよくわかんないと思う。

 

 

 

 

それでいいと思ってた。

 

 

 

 

でも今一度原点に振り返ろうよ!!

 

 

 

このブログのタイトルは!!!!!

 

 

 

 

 

 

印象力アーーーーーップ

 

 

 

 

 

やめようか。

 

 

 

 

 

ここで真面目な話をしてもしょうがないじゃない。

 

 

 

 

でもね、一つだけ会話する術、、、教えちゃう。

 

 

 

これも人とコミニュケーション取るのがイマイチ苦手な人が参考にしてくれるといい。

 

 

 

それは、、、、

 

 

 

 

 

 

ミラーリングの法則

 

 

 

 

聞いたことくらいはあるかかな?

 

 

 

 

 

 

では例題。

 

 

例えば、好意を抱いている女性がいたとしましょう。

 

その人が、公園で、焼きそばパンを食べていたとする。

 

 

そこで僕を彼女の隣で、コロッケパンを食べました。

 

 

 

 

ミラーーーーーーーーーーーリーーーーーーング

 

 

 

成立!

 

 

 

 

これです。

 

 

 

今多分成立しないと思ったでしょ?

 

 

 

します。

 

 

 

では、これはどうでしょう。

 

 

 

車を運転していました。

 

 

 

助手席に座る彼女が寝てしまいました。

 

 

 

 

ミラーリングを意識して僕も寝ました。

 

 

 

 

 

........

 

 

 

 

 

やめようか。

 

 

 

 

つまりね!相手と同じ動きをすることで好感を得られるという法則なんだよね!

 

 

ミラー(鏡)の法則ね。

 

 

1問目は

 

公園という様々なことができるフィールドで

 

パンを食べている

 

というところがミラーリングしているわけです。

 

 

例えばこれが、

 

 

パン屋の話であれば、ミラーリングにはなりません。

 

 

パン屋はパンを食べる店だから。

 

 

だから自分も焼きそばパンを食べなければならないのです。

 

 

 

 

うん!なんてわかりにくい例え!

 

 

 

つまり相手がコーヒー飲めばコーヒーを飲む。

髪を触れば髪を触る。

タバコに火をつければタバコに火をつける。

 

 

これによって、なんとなく無意識に仲間意識が芽生え、好感を得るわけです。

 

 

 

 

ちなみに、俺はミラーリングする人が

 

 

 

 

嫌い。wwww

 

 

 

 

いや、本当は無意識なのかもしれないけどね、意図的なのかもしれないけどね、そんなことはどうでもよくて、、、、

 

 

 

毎度毎度同じタイミングで同じことする人っているんだよね。

 

 

 

そういう人って、疲れちゃう。

 

 

まぁでも世間一般では効果のある法則なので、コミニュケーションスキルとして持っとくのはアリかなぁと思います。

 

 

みんなでミラーリングしようぜ!!!!

 

f:id:asykvoice:20170127204805j:plain

 

ほんで、それを活かす我々の告知もちょびっと。。

 

発声を使った印象力アップ講座

 

こんなことをしています。

 

 

お陰様で2−3月開講分満席御礼!!!

4月からの講座の枠を募集しています!

定員に達した段階で募集締め切ります。

 

お早めに!

ご興味ある方ご連絡くださいね♪

 

場所は日暮里駅から徒歩すぐの教室で行います。

 

是非参加して最高の声表現力を手に入れましょう!!

 

 

Kosuke